良い癖と悪い癖。

良い癖と悪い癖。

こんにちは、山本です。

先日、出張クリニックの依頼をしてくれた方が、

クリニックに来てくれました!

遠いところありがとうございました。

動画を撮ってなかったので、風景画が無いのが残念ですが・・・

 

シュートフォームが気になるとのことで、

なかなか親の言うことは聞いてもらえないとのことでした。

親子関係って反抗的な態度をとってしまうことってありますよね。

全く同じことを言ったとしても、

誰が言うかで変わってくるものです。

 

良く言われる、5W1Hです。

いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どうして

 

これを意識して、伝えることで変わってきます。

第三者の立場からアドバイスできたらと。

 

まだ2年生なので、

堅苦しいシュートフォームを気にする必要はないですが、

悪い癖や無駄な動きは改善していた方がいいです。

 

気になるシュートフォームですが・・・

2モーションシュート?頭の上にセットしてシュートをしていました。

悪いことではないですが、無理やり投げている感じ?

脇も開いてしまっていました。

これは修正・改善しておいた方が良いと感じました。

頭の上から打つことはとても大切なことですが、段階的に取り組まないと、

自然な動き、本来持っている動きができず力が発揮できないことがあります。

打点が高くなりますが、身長が高いプレーヤが手を上げていたらシュートできません。

最近は、手を上げられる前に早くシュートをすることの重要性も言われています。

 

まず初めにポケットシュートから始め、

意識を変えるため、

「シュートは投げるんじゃないよ。シュートは打つんだよ。」と伝えました。

Kくんには、

この言葉が届いたようで、すごく良くなっていきました!!

メキメキと上手くなっているように見えました!

 

 

 

 

あなたもメキメキとワンランクアップを目指しましょう。

 

バスケットは時間が掛かるスポーツ・ハビットスポーツなので、

たくさんのことを伝えましたが、忘れずに取り組めば良くなります!

 

”1回のクリニックで良くなる名医”

のようなクリニックを目指したいものです。

 

最後に、

マイケルジョーダンの言葉で、

何事をなすにも、正しい方法と間違った方法があるという話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日8時間シュートの練習をしたとしよう。
もし、この場合、間違った技術で練習を続けていたとしたら、
間違った技術でシュートする名人になるだけだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正しい技術なら、2~3時間でできるかもしれません。

良い癖はなかなか着かないですが、直ぐに無くなってしまい、

悪い癖は直ぐに着いて、なかなか無くならないものです。

 

間違った努力でも頑張ったことに価値がありますが、

それで、時間が掛かり、

”間違った技術でシュートする名人”

になるだけならいいですが、

そのため、プレータイムがなくなったらどうしますか?

素晴らしいプレーヤーになるチャンスを失っているのかもしれません。

経験に勝るものはないです。

 

自分が失敗して、学んできた、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正しい努力・少しでも早い段階での行動・経験

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたには同じ失敗をしてほしくないと思っています。

 

バスケットが変わる上達の秘訣をお届けします!
メルマガ登録はこちら↓  

メルマガ登録・解除
バスケットプラス1 岡山コミュニティ 限定メルマガ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ